アダラート舌下投与の危険性

アダラートというのは血圧を下げる薬で、心臓や体の血管を広げて血流を良くしてくれます。このため、高血圧や狭心症の治療に良く用いられます。
薬として一般的に使われているものですからもちろん、危険性はそれほど大きなものではありません。
しかしアダラートは、飲み合わせや食べ合わせ、飲み方に多くの注意が必要な薬でもあります。
特に、舌下投与については副作用の危険が多いのでしてはいけないことと、使用上の注意に定められています。
アダラート 舌下投与を行うと、急激に血圧が下がってしまうことがあるため、一般的にはこの投与方法は推奨されていません。添付文書でもその旨ははっきり書かれています。
しかし昔はこの舌下投与が一般的であり、速攻性を期待する場合にはカプセルをかみ砕いて口中に含む、舌下投与が用いられていました。
もちろんこの記載は現在の添付文書では削除されています。年齢の高いお医者様の場合は昔ながらのこの投与方法に慣れていて、舌下投与を指示されることもありますが、そんな指示があった時点で、できれば確認を取るようにしましょう。
そのような確認を取る判断を自分でしっかりと行うためにも、自分が飲む薬に関する知識は出来るだけ持っておくべきです。
もちろん、素人の知識ですから専門家には遠く及ばないものですが、自分で知識を持つことで、医者や看護婦により多くの疑問を尋ね、正確な情報を手に入れることができます。
薬は身体を治すために必要なものですが、どうしても、多少の副作用が起こることは認識しておく必要があります。
アダラートのように、医薬技術や知識の発展により、途中で推奨する投与方法が変わる場合もありますので、この点にも注意が必要です。

↓アダラートが体に合わない方はこちらをオススメです。
ノルバスク:成分アムロジピン│OD錠・副作用・高血圧への作用

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme